PL2021中国 第14節 就実 vs 瀬戸内

PL2021中国 第14節 就実 vs 瀬戸内

会場:就実高校 2021.10.02

 

瀬戸内高校はCB3番、5番から繰り出される縦パス精度が高く、攻撃の起点となる。これを前線の9番が受け、両サイドアタッカー10番、11番が果敢に攻めあがりゴール前でのチャンスが増える。いい形は作れるものの、最後の一歩でゴールに見放される瀬戸内。

 

対する就実は相手にボールをつながれる場面が多いものの、相手のミスから好機を生み出す。20番、16番が相手のボールを奪い、攻撃をくりなし、決定的な場面は迎えるも、バーと相手の堅い守りに阻まれる。

 

前半0-0で折り返す。

 

後半開始早々から瀬戸内はメンバーを入れ替え、前半の修正を行う。

すると62分に、セットプレーからゴール前に上がったクロスを6番が頭で押し込み待望の先制点を奪う。

リードされる展開の就実は前線に強力な選手を送り込み逆転を目指す。しかし、中々、瀬戸内の集中した守りにゴールを奪いきれない。

 

時間は刻々と進み、後半ロスタイム、瀬戸内GKのロングフィードに10番が反応しサイドを駆け上がる。ゴール前のクロスを7番が押し込み追加点。

試合はそのまま終了し、瀬戸内が2-0で就実に勝利をおさめ、単独首位に順位を上げる。

 

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる