庚午 vs 修道  広島市中学校総体(準決勝)⑤

庚午 vs 修道  広島市中学校総体(準決勝)⑤

庚午 1 – 1(4PK5) 修道  2022/09/03  @瀬野川

 

庚午は立ち上がりから積極的に前線からプレッシャーをかける。

10番からのパスに8番が受け、右足でシュート。9番も続く。

立ち上がりは庚午ペース。

 

先制点は25分、庚午が奪う。

ハーフラインを超えた左サイド付近からゴール前にロングパス。これに11番が反応し裏で受けると、そのまま右足でゴールに流し込み先制点。

 

逆にこの失点に火が付いた修道は、固かった動きにギアがかかりだす。

失点直後の27分に、右サイドエリアやや外で21番が受け、ドリブルでエリアに入るとDFを振り切り右足でゴールを決め同点とする。

 

前半1-1で折り返す。

 

後半はやや修道ペース。

先制点を奪った21番が前線でボールを受け追加点を狙う。

これに、11番、4番といい崩しからチャンスシーンをつくるが、バーに嫌われる。

 

後半はスコアが動かず、延長へ。

両チーム連日連戦で足が止まりだす。気持ちで最後の力を振り絞る。

修道は9番、14番、対する庚午は7番、10番がゴールを狙うが、両チームとも集中した守備で失点を許さない。

 

延長戦もスコアが動かず、勝負はPK戦に移る。

 

先攻の修道1番目のキッカーを、庚午GKは横跳びで見事にセーブ。素晴らしいセーブ。

しかし、庚午は3人目のキッカーが枠をとらえきれず、4人目のキッカーを修道GKがファインセーブ。

両チームGKのセーブが光る。

 

サドンデスまで続いたPK戦。

7人目のキッカー、後攻の庚午は決めれば次に続く場面で、修道GKが見事にセーブ。

このセーブが勝利を決定づけ、白熱した試合はPK戦の末に、修道がつかみ取った。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

プローバカップSanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる