広島皆実B vs 瀬戸内B  高円宮杯U-18 (1部)④

広島皆実B vs 瀬戸内B  高円宮杯U-18 (1部)④

会場:広島皆実高校 2021.12.05

 

広島県内2強のBチーム同士の戦いとなる。

 

前半は1-2、瀬戸内1点リードで折り返す。

 

後半開始、瀬戸内は後半から出場した11番が見せる。

相手エリア外からドリブルで持ち込むと、早いキックモーションから放ったシュートは相手ディフェンス、GKともタイミングをずらされる。おしくもこのシュートはポストに弾かれるも存在感をだす。

 

後半4分、瀬戸内は左CKを得ると、28番が左足で鋭いボールを上げる。ゴールに向かって弧を描いたボールはそのままゴールインし、瀬戸内がリードを広げる。

 

その後も、瀬戸内は相手ゴール前で攻撃を組み立てしっかりとシュートフィニッシュしさらに追加点を狙う。皆実ディフェンスは守る時間が続くもディフェンスは身体をはって守る。

 

皆実13番は中盤でボールを持つと、攻撃の起点となるパスを出す。

右サイド10番からクロスがゴール前に上がり徐々にシュートチャンスが増える皆実。

 

後半23分、中盤で相手のボールをカットし14番から裏のスペースに展開される。右サイド10番が受けるとそのままドリブルでエリアに侵入し、最後は自身でシュートを放ち1点を返す。

 

皆実のペースになりかけたが、瀬戸内は守りに入らず徹底的に攻めの姿勢を見せる。

同じようなサイド攻撃から追加点を決め、相手との点差を広げる。

 

結果2-5で瀬戸内は皆実との打ち合いを制した。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる