フレスポ紀行!寅さん撮影場所巡り!大洲市!

フレスポ紀行!寅さん撮影場所巡り!大洲市!

第19作 (昭和52年8月 公開)
男はつらいよ 寅次郎と殿様

旅先の寅さんは、伊予の国大洲で、わけありの若い女性・鞠子(真野響子)に親切にする。その後、大洲の城跡で浮世離れした老人と知り合うが、その老人こそ、世が世なら伊予の殿様・藤堂久宗(嵐寛壽郎)であった。饗応を受けた寅さんは、殿様の「次男の未亡人に一目会いたい」という願いを安請け合い。しばらくして殿様は、とらやに「寅次郎君はおりますか」とやってくるが…
 サイレント映画時代から昭和二十年代にかけて時代劇のヒーロー“鞍馬天狗”を演じ続けた剣劇スター・嵐寛寿郎をゲストに迎え、渥美清と珍妙かつ絶妙なやりとりを繰り広げる。寅さんが大洲の旅館で出会う、美しきマドンナ鞠子に真野響子。殿様の侍従を演じた三木のり平のおかしさは、まさしくベテラン喜劇人ならではの味。夫に先立たれ、その想い出を胸に、懸命に働きながら、幸せを求めるヒロイン。殿様をめぐるエピソードの微笑ましさの中に、父と息子の嫁の、血が繋がらないがゆえの心の交流の美しさが繰り広げられていく。マドンナ

ゲスト

ロケ地

上記文章は、松竹株式会社 男はつらいよ!ホームページから抜粋する。

2022年6月14日に寅さんが撮影した場所を中心に探索しました。

大洲は素晴らしい街並みが残っていました。

大洲城周辺で寅さんが飛ばした500円札を 藤堂久宗(嵐寛壽郎) が拾った場所。寅さんが居候をしたお屋敷を探索しました。

9時から12時過ぎまで見学しました。いい街です。ぜひ、皆さんも訪れてください。

昼食は、寅さんが宿泊した伊州屋、今は油屋というレストランで取りました。栗と豚肉のひつまぶしを食べました。少し濃い目の味付けでしたが美味しく食しました。

その後、昼から内子町を探索しました。

歌舞伎・落語などが行われる内子座に行きました。情緒ある建物と趣のある内装でした。また、案内する方も素晴らしい情報を提供してもらいました。座と呼ばれるのは、戦前からある建物だそうです。

6月15日は、寅さんが寄った下灘駅へ行きました。

あいにくの大雨でしたが、晴れていると素晴らしい景色だと思いました。

映画やテレビの撮影場所になっていました。

道後温泉の湯船につかりました。

 

スポンサー企業

SRCアカデミーSanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる