ピジョン vs CAVATINA クラブユースU15(2次C)②

ピジョン vs CAVATINA クラブユースU15(2次C)②

ピジョン 1 – 2 CAVATINA 2022/05/29  @ゼロバランスフィールド

 

最初に試合を動かしたのはピジョン。

相手バックラインでのパスコントロールミスを9番がカットし、無人のゴールに流しこみ先制。

 

追いかける展開となったCAVATINAは、左サイド29番、28番と繋ぎ、中央へのカットインからシュートを打つも相手GKに防がれる。

 

追加点を狙うピジョンは、カウンターで9番、11番と攻め込む場面があるものの、相手の守備に阻まれる。

CAVATINAはセットプレーから29番が頭でシュートを打つが、相手GKのファインセーブにあう。

前半、ピジョン1点リードで折り返す。

 

後半になると、CAVATINAは28番、55番が攻撃の起点となり、縦パスからいい形で攻撃が展開される。

相手エリア近くでプレーする機会が多くなったCAVATINAはセットプレーのチャンスを何度も作る。

 

すると10分。

CKからゴール前の混戦を最後は47番?が押し込み同点とする。

 

その3分後、13分。

エリア外右でのFKから、28番が押し込み短い時間で逆転する。

 

逆に追いかける展開となったピジョンはさらに前線への厚みをつけ、勝ち越しをねらうが、CAVATINAは集中した守りを見せゴールを割らせない。

 

その後はスコアは動かず、CAVATINAがこの試合逆転勝利し、グループ全勝で中国大会への切符を手に入れた。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる