【瀬戸内高校 サッカー部】 チーム取材

【瀬戸内高校 サッカー部】 チーム取材

今回ご紹介するチームは、広島県瀬戸内高等学校サッカー部。

 

 

18年度 全国高校サッカー選手権に初出場をしベスト4に輝き、広島に嬉しいニュースを持ち帰った瀬戸内は全国にその名を浸透させた。

 

OBには、安部裕葵(現 FCバルセロナ)などプロサッカー選手を育てた実績もあり、県内だけでなく全国から注目をされるチームへと急成長を遂げている。

 

さらに、松本学園スポーツセンター(旧 青少年文化センター)を新たな練習会場として所有することになり、施設の充実性は言うまでもない。

 

現在、グラウンド隣の建物は耐震工事中ではあるが、将来的には学生寮として利用する予定で、サッカー部のみならず他クラブの生徒も宿泊、受け入れ可能と聞いている。

 

さて、選手権を目前に控えた選手たちの練習を取材した。

 

この日は、トップメンバーのみで行われ、約2時間ほどトレーニングを行った。

 

瀬戸内サッカーの根源ともいえる、最後まで走り切る体力。練習の前にはグラウンドの横にある坂道を駆け上がるトレーニングを取り入れ、選手たちの走力をつける。

 

その他にも、アジリティ、体幹トレーニングなどをしているほか、寮生の食事は栄養士考案のメニューで、自らの身体を鍛えあげる。

 

走り込みメニュー後は、ボールを使ったパス&コントロール、試合形式でこの日の練習は終わった。

 

また、瀬戸内にはGK指導をするコーチが練習、試合中に的確なアドバイスをしてくれる、GKの選手にとってうれしい環境も整っている。

 

選手に話すを聞くと、「位置、ステップ、ヴィルドアップの参加、キック」など細かなところまで指導をするので、学ぶことが多く充実したGKトレーニングができているようだ。

 

今年の瀬戸内が参加するプリンスリーグ中国では現在首位(10.21時点)と絶好調。

 

この勢いのまま広島県予選では、瀬戸内らしいパワフルあるサッカーを楽しみにする。

 

 

スポンサー企業

上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる