第100回 高校サッカー選手権大会を振り返る

第100回 高校サッカー選手権大会を振り返る

今夏の8月から始まった第100回全国高校サッカー選手権大会 広島県大会は11月14日の決勝戦で終了しました。

 

今年度は緊急事態宣言、コロナ対策を施しながらの大会となり、運営に携わる人々の尽力なくして大会は行えませんでした。

会場に行き選手たちのプレーを見届けたい保護者も入場が制限され、高校サッカーの夢舞台で活躍する我が子を見届けれれない状況でした。

 

しかし、各チームが独自で動画配信、メディアが情報発信をし、選手たちのプレーを少しでも皆さんに届けようと姿がありました。

運営する指導者はじめ、それらを陰で支える民間企業・団体の力が重なることで、素晴らしい大会になったと思います。

 

決勝戦は瀬戸内vs広島皆実の優勝候補同士の対決となりました。

メンバーに入ることのできなかった選手はバックスタンドでピッチでプレーする選手たちを後押しし、ボールボーイなど裏方の仕事もこなしながら、自チームの勝利を願います。

 

結果は瀬戸内が2-1で勝利し大会は閉幕をしました。

チーム全員で優勝を勝ち取った瀬戸内の全国大会での活躍を大いに期待しています。

 

このイベント・大会で撮影した写真はショップサイトでご購入頂けます。

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる