広島皆実 vs 岡山学芸館 (PL中国 第4節)②

広島皆実 vs 岡山学芸館 (PL中国 第4節)②

序盤から両者とも激しい攻防が続いていく。

その展開から、前半10分ゴールが生まれる。皆実高校は、FKのチャンスから、7番のクロスが上がり、混戦になり、9番が押し込む。これで1-0。皆実先制。


そして、すぐにまたゲームが動く。前半戦14分。学芸の6番のゴールにより、同点となる。1-1
そして、24分に、学芸館が、逆転弾を決め1-2。学芸館リードで前半を終える。


後半から、両者とも選手交代を行い、ゲームの流れを変えていく。皆実高校は、10番のカットインからシュートを放つが、惜しくもポスト。
学芸館は、シュートを量産していき、何度も決定機を迎えていくが、なかなかゴールを奪えない。学芸館ペースで試合が動いていたが、63分。
皆実高校13番がゴールを決め2-2とする。

 

その後も両者とも決定機を迎えていくが、なかなかゴールを決めれず、試合終了。
2ー2の引き分けに終わった。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

プローバカップSanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる