プリンス中国 【レノファ山口】昇格決定。他【玉野光南】【米子北B】の3チームが来季プリンス中国へ

プリンス中国 【レノファ山口】昇格決定。他【玉野光南】【米子北B】の3チームが来季プリンス中国へ

2022年12月19日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2022中国 プレーオフ3日目が広域公園第一球技場で行われました。

 

 

最後の枠をかけて、沼田とレノファ山口が対決しました。

互いに3日連続の試合となり、疲れも見える中での最終日。

 

結果、レノファ山口が勝利をおさめ、昇格最後の枠をつかみ取りました。

 

3位決定戦

沼田(広島3位) 0 – 7 レノファ山口(山口1位)

 

これで、来期プリンス中国には、玉野光南、米子北B、レノファ山口の3チームが昇格決定ですべての日程が終了しました。

 

来季参戦チーム

【岡山県】岡山学芸館、ファジアーノ岡山、、作陽、就実、玉野光南

【広島県】瀬戸内、サンフレS

【山口県】レノファ山口

【鳥取県】米子北B

【島根県】立正大淞南

 


2022年12月18日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2022中国 プレーオフ2日目が広島国際学院高校で行われました。

 

初戦を突破し、あと1勝で来季昇格が決定する大会2日目となりました。

 

来季昇格を決めたのは、玉野光南、米子北B。

残り1チームは、沼田もしくはレノファ山口の直接対決で決定します。

 

第1試合 1) 玉野光南(岡山2位) 2 – 1 レノファ山口(山口1位) 2022/12/18

玉野光南はレノファ山口に先制を許すが、後半に同点、逆転ゴールを決め全員でつかんだ勝利。

これで来シーズン岡山県勢は5チームと10チームのうち半分を占めることになりました。

 

 

第2試合 米子北B(鳥取2位) 6 – 3 沼田(広島3位) 2022/12/18

沼田はセットプレーから先制に成功するが、米子北が1点を返す。失点直後に沼田は1点を返し、前半1-2、沼田リードで後半へ。

後半、米子北はPKで再び同点とし、沼田が再び得点を奪いリードするが、米子北は再び追いつく粘り強さ。

3-3で後半が終了し延長戦へ。

運動量が落ちた沼田に対し、米子北は足が止まらない。延長戦で3点を奪う。

結果6-3で米子北Bが勝利する。

トップチームのプレミア昇格に続き、セカンドチームもプリンスに昇格する。

 

 


2022年12月17日より、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2022中国 プレーオフが広島県内2会場で行われました。

 

広島県代表として出場するのは、広島国際学院、市立沼田の2チームで、来季昇格をかけ冷え込む天候の中キックオフ。

 

広島国際学院はレノファ山口に対して先制を許すも、後半には何度もビックチャンスがあったが相手GKの好守備に阻まれゴールわれず、0-1で敗退しました。

 

沼田は中盤でボールを支配する時間が多く、先制、追加点をいいゲーム運びをみせ、2-0で勝利。

 

明日、勝利したチームは自動昇格、明日敗退した場合は敗者同士の3位決定戦となり最後の枠が争われます。

 

プレーオフⅠ

準決勝戦
2) 創志学園(岡山1位) 2 – 3 米子北B (鳥取2位)

3) 沼田(広島3位) 2 – 0 開星(島根2位)

 

 

プレーオフⅡ

準決勝戦
2) ガイナーレ鳥取(鳥取1位) 0 – 1 玉野光南(岡山2位)

3) 広島国際学院(広島2位) 0 – 1 レノファ山口(山口1位)

 

今シーズンは米子北がプレミアへ昇格したため、プリンス中国への参入枠は3チームとなります。

 

 


2022年12月9日、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 プレーオフが広島県内で開幕しました。

プリンスリーグの結果から各地方のチームが出場しています。

 

中国地方からは米子北、岡山学芸館が出場し、学芸館は1回戦で惜しくも敗退となりました。

米子北は明日の試合に勝利すれば、来季プレミアリーグへの参入となります。

 

全国大会に出場するようなチームが今大会に出場し、ハイレベルな試合が繰り広げられています。

 


2022年12月3日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第18節5試合が行われました。

 

プリンスリーグ中国の最終日となりました。

すべての試合が消化できなかったため、順位は勝ち点率で決められます。

結果は下記の通り。

 

順位  チーム名  試合数  <勝点>  (勝点率)
1  米子北  16  <39>( 2.438)
2  岡山学芸館  16  <33> ( 2.063)
3  立正大学淞南  18  <34> ( 1.889)
4  瀬戸内  13  <21> ( 1.615)
5  作陽  15  <24> ( 1.600)
6  就実  17 < 21> ( 1.235)
7  ファジアーノ岡山U-18  17  <20> ( 1.176)
8  サンフレッチェ広島ユースセカンド  17  <20> ( 1.176)
9  大社  18  <13> ( 0.722)
10  広島皆実  17  <8 > (0.471)

 

上位2チームの米子北、岡山学芸館はプレミアリーグ参入戦へ出場します。

下位2チームの大社、広島皆実は県リーグへ降格します。

 

 


2022年11月26日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第17節5試合が行われました。

 

米子北 4-2 F岡山

瀬戸内 2-2 作陽

 

岡山学芸館 1-3 サンフレS

立正大淞南 5-2 就実

 

広島皆実 1-2 大社

 

 

この結果を終え、順位は下記の通り。

順位.チーム名 勝点(試合数)

1.米子北 36(15)

2.立正大淞南 31 (17)

3.岡山学芸館 30(15)

4.作陽 23 (14)

5.瀬戸内 21(12)

6.就実 21(16)

7.F岡山 19(16)

8.サンフレS17(16)

9.大社 13(17)

10.広島皆実 8(16) 

 

今シーズンは大会規定により、最終順位は勝ち点率によって決定します。

プリンス中国上位2チームは、12月9日から始まるプレミアリーグプレーオフに進出します。

 

 


2022年11月23日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第4節、第8節の延期で流れた試合が広島県内2会場で行われました。

 

大社vs広島皆実の下位対決があり、9位につける皆実は最下位の大社に勝利をおさめ勝ち点3を積み上げ、下位との勝ち点差を広げたいところ。

雨が降りスリッピーなグラウンドでボール処理が難しい中で両チームは果敢に攻めあい、大社が前半2点のリード、後半両チーム1点を加え、結果は大社が3-1で勝利しました。

この結果、大社が1つ順位を上げ9位に浮上。(※ゲーム数の差はあります。大社16試合、皆実15試合消化済み)。

 

大社 3-2 広島皆実 2022/11/23 @広島皆実高校サッカーグラウンド

 

サンフレセカンド 1-2 作陽 @吉田サッカー公園人工芝グラウンド

 


2022年10月15日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第16節の試合が行われました。

 

広島皆実 vs サンフレセカンドの下位同士の戦いに注目が集まりました。

試合前、同勝ち点でならんだ両チームは、降格圏内から抜け出す、勝ち点差をつけておきたいところで、白熱した試合となりました。

結果、サンフレが勝利をおさめ、広島皆実が9位、サンフレは皆実に対し勝ち点差3をつけ、8位とし自動降格圏内から1つ抜け出した今節となりました。

 

立正大淞南 2-2 瀬戸内

広島皆実 0-1 サンフレセカンド


第15節 試合結果 2022/10/8-9

米子北 2-4 岡山学芸館

作陽 1-0 広島皆実

大社 0-1 立正大淞南

就実 3-2 サンフレS


2022年9月24日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第14節の試合が行われました。

 

岡山学芸館は瀬戸内に対し、終盤に2得点を奪い逆転勝利。今季負けなしの勝負強さを見せる。

首位、米子北と2位につけていた淞南との1戦は、米子北が勝利をおさめ首位をキープ。

 

第14節 試合結果 2022/09/24

立正大淞南 0-2 米子北

岡山学芸館 2-1 瀬戸内

サンフレユースS 0-1 ファジアーノ岡山

大社 4-2 作陽

広島皆実 0-2 就実

 


第13節 試合結果 2022/09/17

米子北高6ー1 就実

瀬戸内 3-2 大社

ファジアーノ岡山 1-0 立正大淞南

作陽 4-1 サンフレユースS

岡山学芸館 5-0

 

 


2022年9月3日、10日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第12節の試合が行われました。

 

広島皆実は首位の米子北とホームで試合に挑むが、米子北は勝負強さを見せ勝利をし首位をキープする。

就実は瀬戸内に対して、5発大勝で大きな勝ち点3を手に入れた。

 

広島皆実  0ー2  米子北 @広島皆実高校サッカー場

 

就実 5ー1  瀬戸内 @就実高校祇園グラウンド

 

立正大学淞南  5ー2  サンフレッチェ広島S @松江市営補助競技場

 


2022年8月27日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第11節の試合が行われました。

 

瀬戸内vs広島皆実の県内2強の戦いは、2-0で瀬戸内に軍配が上がる。

その他、米子北はサンフレSに対し8-0、学芸館は大社に対し6-1と大勝での勝利で勝ち点を伸ばす。

 

第11節 試合結果 2022/08/27

米子北 8 – 0 サンフレセカンド  @ どらドラパーク米子陸上競技場

ファジアーノ岡山 0 – 1 就 実  @ 政田サッカー場

作 陽 1 – 2 立正大淞南  @ワードシステムフィールド

岡山学芸館 6 – 1 大 社    @ 岡山学芸館高校瀬戸内サッカー場

瀬戸内 2 – 0 広島皆実   @ツネイシフィールド

 


2022年8月1日、3日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第4、7節の延期分の試合が行われました。

 

就実は大社に対し4-1と快勝し、勝ち点3を積み上げる。

広島皆実は学芸館に対し、2-2の引き分けで勝ち点1をわけあった。

 

就 実 4 – 1 大 社 2022/08/01 @ 就実高校祇園ウラウンド

 

岡山学芸館 2 – 2 広島皆実 2022/08/03 @ 広島皆実高校サッカー場


2022年7月9日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第10節が行われました。

 

プリンスリーグは折り返しへ入ります。

米子北は大社に対し14得点と大勝。

 

第10節 試合結果 2022/07/09

岡山学芸館 2 – 2 立正大淞南 @ 松江市営補助競技場

 

米子北 14 – 1 大 社  @ 浜山公園球技場

 

その他3試合は延期。


2022年6月25日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第8節が行われました。

 

各県のインターハイ予選が終了し、プリンス中国は再開しました。

 

 

第8節 試合結果 2022/06/25

米子北 3 – 1 ファジアーノ岡山   @ ワードシステムフィールド

 

瀬戸内 0 – 1 作 陽  @ ワードシステムフィールド

 

岡山学芸館 1 – 1 サンフレセカンド  @ 吉田サッカー公園人工芝グラウンド

 

立正大淞南 2 – 1 就 実  @就実高校祇園グラウンド

 


2022年5月21日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第2節、第6節の延期となった試合が2試合行われました。

 

第6節 試合結果 2022/05/21

首位の米子北に対し、勝てば首位交代となる大一番の試合となり、学芸館イレブン注目の集まる試合となる。

前半早い時間に先制点を奪った学芸館はその後も追加点を決め、2点のリードで折り返す。

後半にも1点を決め、3-0の快勝で首位に立つ。

 

米子北 0 – 3 岡山学芸館  @岡山学芸館高校瀬戸内サッカー場

 

 

第2節 試合結果 2022/05/21

もう1試合行われた、立正大淞南はホームに作陽を迎え入れる。

前後半で1点を奪い、危なげなく勝利をおさめ、勝ち点8に伸ばし、4位に順位を上げる。

 

作 陽 0 – 2 立正大淞南  @松江市営陸上競技場

 


2022年5月15日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第7節 1試合が行われました。

 

 

第7節 試合結果 2022/05/15

瀬戸内は立正大淞南をホームに迎える。

2-1と拮抗した試合を制し、リーグ3連勝を決めた。

 

瀬戸内 2 – 1 立正大淞南  @ 吉田サッカー公園人工芝グラウンド

 

第7節 試合結果 2022/05/14

岡山学芸館はF岡山に勝利し、暫定で2位に浮上。

 

ファジアーノ岡山 1 – 2 岡山学芸館

 

下記 3試合は延期。

広島皆実 – サンフレセカンド

就 実 – 大 社

米子北 – 作 陽

 


2022年5月7日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第6節 2試合が行われました。

 

瀬戸内は今シーズン2試合目となり、しっかりと勝ち点3を積み上げる。

同様に、作陽も今シーズン2試合目で広島皆実に勝利をし、勝ち点を伸ばす。

 

下記 2試合は延期。

立正大淞南 – 大 社(延期未定)

米子北 – 岡山学芸館  (2022/05/21  11:00 に延期)

 

 

瀬戸内 1 – 0 ファジアーノ岡山  @ 岡山学芸館高校瀬戸内サッカー場

 

 

作 陽 3 – 0 広島皆実  @広島皆実高校サッカー場


2022年4月23日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第4節 2試合が行われました。

 

 

米子北は終日に勝利し首位キープ。

淞南はファジアーノ岡山に勝利し順位を伸ばす。

 

その他、3試合は延期となった。

 

第4節 試合結果 2022/04/23

米子北 5 – 1 就 実  @ 就実高校祇園グラウンド

 

ファジアーノ岡山 0 – 3 立正大淞南 @ 松江市営補助競技場

 


2022年4月16日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第3節 3試合が行われました。

 

 

広島皆実は、昨シーズン無敗優勝、今シーズンも2節まで無敗の米子北に対し、前半に奪った1点を守り切り見事に勝利。

その他の試合も接戦となった第3節3試合でした。

 

第3節 試合結果 2022/04/16

米子北 0 – 1 広島皆実 @ どらドラパーク米子陸上競技場

 

立正大淞南 1 – 1 サンフレセカンド @ ツネイシフィールド

 

 

ファジアーノ岡山 1 – 0 大 社 @ ワードシステムフィールド


2022年4月10日、 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第2節 1試合が行われました。

 

 

今季から昇格した大社はホームに学芸館を迎える。

大社は先制点を奪うことに成功したが、プリンスでの経験が多い岡山学芸館に逆転を許し、勝利ならず。

学芸館は今季初勝利で、リーグ2位に順位をあげる。

 

第2節 試合結果 2022/04/10

岡山学芸館 3 – 1 大 社 @よしかみらい真田人工芝グラウンド


2022年4月9日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国 第2節 2試合が中国地方各地で試合が行われました。

 

開幕戦を大勝で勝利した首位の米子北に対し、ホーム サンフレセカンドが挑む。

前半の早い時間帯で失点し、逆転を狙うが米子北の壁は大きく、0-1で敗北し、ホームでの勝利とはならず。

 

その他2試合はチーム事情で延期となった。

 

第2節 試合結果 2022/04/09

米子北 1 – 0 サンフレセカンド @ 広島皆実高校サッカー場

 

 

ファジアーノ岡山 0 – 0 就 実 @就実高校祇園グラウンド

 

 

以下、2試合は延期が決定

瀬戸内 – 広島皆実

 

作 陽 – 立正大淞南


2022年4月2日、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022中国が開幕し、中国地方各地で試合が行われました。

 

広島県からは、瀬戸内(2021シーズン2位)、広島皆実(2021シーズン8位)、サンフレセカンド(2021シーズンPO昇格)が出場しています。

 

第1節 瀬戸内vsサンフレSの広島県勢同士の対決となり、互いに意地を見せる試合運びに。

後半に瀬戸内が1点を奪い、僅差で勝利。

 

広島皆実はアウエーに乗り込み、ファジアーノ岡山U-18に挑む。

こちらは得点の奪い合いとなり、結果3-2で勝利。

 

長いシーズンが始まり、最後に栄光を掴むのはどのチームになるのか。プリンス中国から目が離せない。

 

 

第1節 試合結果 2022/04/02

瀬戸内 1 – 0 サンフレセカンド  @ 吉田サッカー公園人工芝グラウンド

 

ファジアーノ岡山 2 – 3 広島皆実  @ 政田サッカー場

 

作 陽 3 – 1 就 実  @ 岡山学芸館高校瀬戸内サッカー場

 

岡山学芸館 2 – 2 立正大淞南  @ 岡山学芸館高校瀬戸内サッカー場

 

米子北 11 – 3 大 社  @ どらドラパーク米子球技場

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる