PL2021中国 第7節 就実  vs ガイナーレ鳥取

PL2021中国 第7節 就実 vs ガイナーレ鳥取

会場:就実高校祇園グラウンド 2021.09.23

 

試合開始からガイナーレは、ディフェンスラインとボランチの8番が低い位置でボールを動かし、隙あらば前線の11番、23番にボールを当て攻める。ガイナーレがボールを支配する時間が続くが、就実はしっかりとした守備からボールを奪い、11番、10番とスピードあるカウンター攻撃で反撃に出る。

前半、両チームとも大きなチャンスはなく0-0で後半へ。

 

後半になると最初にチャンスを掴んだのは就実。

ゴールエリア外やや左で直接FKを獲得する。8番がするどい浮きボールを上げると、これを11番が頭で合わせ先制点を奪う。

この1点から就実は勢いに乗り、ゴール前でチャンスが増える。

逆転狙うガイナーレだが、集中した就実のゴールをこじ開けることができず時間は進む。

逆に88分に、低い位置でのパスミスを狙われ、追加点を決められる。

 

結果、2-0で就実は勝利をおさめ、順位をのばすこととなった。

 

得点者

54分 【就】 11番 大倉慶也

88分 【就】 3番 安柏勲

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる