PL2021中国 第2節 作陽 vs 瀬戸内

PL2021中国 第2節 作陽 vs 瀬戸内

総評
前半、作陽は8番を起点に攻撃を組み立てる。瀬戸内は3番を起点に攻撃を組み立てる。開始早々、瀬戸内2番が相手ディフェンスラインを抜け出し、キーパーと1対1となったが、ダイレクトで合わせたシュートは枠外へと外れた。前半序盤は瀬戸内が優勢に攻めていたが、徐々に作陽に流れが変わっていき、コーナーキックなどのセットプレーでチャンスを作るも決めきれずにいた。そのまま0-0で前半を終了。


後半も作陽の勢いのまま8番を起点に右サイドの13番がサイドを駆け上がり、チャンスを作るも決めきれずにいると、後半75分瀬戸内コーナーキックからこぼれ球を瀬戸内3番がシュート打ち相手ディフェンスがブロックしたこぼれ球を瀬戸内7番が押し込み0-1とする。瀬戸内の勢いそのままに後半83分瀬戸内7番が左サイドでもらった浮きパスを綺麗にトラップし、中央へセンタリングを供給、瀬戸内4番がヘディングを決めて0-2とする。
そのまま試合は終了し、0-2で瀬戸内の勝利。

 

得点
75,長谷川大貴
83,松浦隆介

 

同じイベントの試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテックツネイシ・スポーツアクト医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートみろくの里スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる