PL2021中国 第15節 就実 vs 立正大淞南

PL2021中国 第15節 就実 vs 立正大淞南

会場:就実高校祇園グラウンド 2021.10.09

 

試合開始、両チームともロングボールを主として相手陣内に早くボールを送る。

就実はトップ3番、淞南は16番がそれぞれ前線でボールを受けると、いい形で攻撃が生れる。

 

先制点は就実のセットプレーから。

22分、左CKからファーサイドに上がったボールを2番が競り勝ち中央へ折り返し。このボールに13番が頭で押し込み先制点を奪う。

先制点をとってすぐ25分、就実は5番が相手のボールをダイレクトでカットし、そのまま前線へロングパス。これに3番が反応し裏へ抜け出すGKとの1対1を冷静に押しこみ、一瞬でゴールまでもちこむ素晴らしいカウンター攻撃を決めた。

 

前半2-0、就実リードで後半へ。

 

後半になると、セカンドボールへのよせがよくなった淞南は、決定的な場面が増えてくる。

53分、GKからロングパスに前線で9番がそらし、16番が裏へ抜け出す。最後は自らドリブル突破で相手をかわし同点ゴールを叩き込む。

その後も16番、17番が積極的なドリブルから決定機を迎えるも就実DFは集中した守りで追加点を与えない。

 

その後はスコアが動かず、2-1で就実が勝利を収めた。

 

 

得点者

22分 【就】 13番 横田憲史郎

25分  【就】 3番 安柏勲

53分 【淞】 16番 香西銀二郎

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる