PL2021中国 第11節 広島皆実 vs 立正大淞南

PL2021中国 第11節 広島皆実 vs 立正大淞南

前半、皆実は2番を基点に攻撃を組み立てる。立正は両サイドの7番、17番を基点に攻撃を組み立てる。

 

前半13分立正17番のドリブル突破から得たPKを立正7番がきっちりと決めて0-1と先制する。

前半31分、皆実10番がシュートを打ち相手ディフェンダーにブロックされたこぼれ球を6番がシュートを決めて1-1の同点とする。

 

その勢いのまま前半33分皆実15番のパスを11番が受けドリブルで突破し、シュートを決めて2-1と逆転する。

前半38分立正5番がセンターサークルくらいからの直接FKを蹴り、9番がヘディングで落としたボールを7番がシュートを決めて2-2と同点とする。

前半40分立正7番がカットインから綺麗な弧を描いたシュートを決めて2-3と逆転する。

そのまま前半終了。
後半は、お互いにチャンスを作るが決めきれず、スコアレスのまま試合終了。2-3で立正の勝利。

 

得点
13,三原弘稀
31,橋本光正
33,島津大輝
38,三原弘稀
40,三原弘稀

 

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる