PL中国2021 第1節 作陽 vs 就実

PL中国2021 第1節 作陽 vs 就実

会場:ワードシステムフィールド

 

開幕戦は岡山県同氏の対決となる。

開始からやや動きが重い作陽に対し、就実は縦に早いボールを入れ、一気に攻め立てる。

勢いにのる就実は、前半の飲水タイム直後の自陣からのFKをゴール前に上げ、混戦の中から4番が右足でゴールを決める。

就実1点リードで後半へ。

 

前半の悪い流れを断ち切りたい作陽は、ハーフタイムで選手交代をし先に手を打つ。

すると50分に、ゴール前で24番、13番と細かくパスを繋ぎ、最後は8番が右足でゴールを決める。

前半とは動きが変わり、パスが回りだした作陽イレブンは、何度も相手ゴール前でチャンスを展開し、76分には交代で入った13番が逆転となるゴールを決める。

このゴールが決勝点となり、結果2-1で作陽が勝利した。

 

 

得点者

24分 就実 4番 宮本大輝

50分 作陽 8番 西田達哉

76分 作陽 13番 大東凌空

 

このイベント・大会で撮影した写真はショップサイトでご購入頂けます。

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる