MIKASAサッカーボール(ALMUNDOシリーズ)が第100回全国高校サッカー選手権大会公式試合球に決定

MIKASAサッカーボール(ALMUNDOシリーズ)が第100回全国高校サッカー選手権大会公式試合球に決定

広島県に本社をおく、株式会社ミカサ様(以下:ミカサ様)が第100回全国高校サッカー選手権大会公式試合球に決定したことを発表しました。

 

県内のサッカー界においても、数々の大会に試合球だけではなく、スポンサーとしても貢献してきたミカサ様が、全国規模の大会をサポートすることが決まった大きなニュースです。

 

以下:ミカサ様公式HPより引用

2021年度 第100回全国高校サッカー選手権大会公式試合球にミカサのサッカーボールのフラッグシップモデルであるALMUNDOシリーズのFT550B-BLYが使用されます。
今後ミカサのボールが全国の高校男子サッカー部員とともに躍動します。

 

■製品特徴
1.内部構造を一新した次世代のゴムチューブ
ミカサが長年培ってきたゴム技術から、天然ゴムと合成ゴム の優位性を併せ持った新配合ゴムチューブを開発しました。

・サッカーボールに求められる 空気圧の保持力の向上に成功。

・リバウンドとボールの跳ね返り速度も同時にUP。加えて、低温時のリバウンド高さも飛躍的に向上し、常温時と低温時でのリバウンド高さの差も低減。

・総合的に跳ね返り性能が向上した事により、速いボール運びのスピードサッカーに対応。

 

2.新表皮素材の進化
新表皮素材を開発し、クッション性能と耐摩耗性が向上しました。

・表皮最上面に、サッカーボールで主流デザインとなっている微細な凸エンボス加工を施し、高級感を演出。

・表面の耐摩耗性の向上を図りながら、ハイクラスな触感を実現。

・柔軟性のある表皮素材と厚みを増したスポンジフォーム層の組合せにより、表面のクッション性が向上。

 

3.視認性を向上させたデザインパターンを採用
視認性とボール自体の明るさを上げるために、高明度な白色を基調とした表皮素材に、ボールの回転方向が認識しやすくなるための <ALMUNDOデザイン> を採用し、デザインと視認性の向上を融合したものになっています。

 

■ALMUNDOシリーズとは
スペイン語では、 ” Al Mundo ” で ” To The World ”という意味になります。ミカサは ” Al ” と ” Mundo “の2語を1語にして、” ALMUNDO(アルムンド)”という造語を作成しました。
サッカーを愛する人たちとともに< 世界へ >羽ばたこうというミカサの思いが込められています。

 

【主な販売場所】
全国のスポーツ店
ECサイト
MikasaOnlineShop( https://netshop.mikasasports.co.jp/ ) 等

メーカー希望小売価格:8,800円(本体価格:8,000円)

 

■全国高校サッカー選手権大会
1918年に始まった99回の歴史ある由緒正しい大会であり、高校サッカー最高峰の大会で2021年の今年は記念すべき100回大会となります。
地区予選は夏頃から始まり、地区決勝の頃は秋になり、全国大会は年末年始を挟み冬に行われ、全国約4,000校の高校男子サッカー部の頂点を決める大会です。
本大会は民間放送43社で全国ネットで放映予定です。

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる