AICJ vs 広島文教 決勝戦②

AICJ vs 広島文教 決勝戦②

2021.10.17

 

文教は試合開始から前線から勢いあるプレスで、相手ゴールを目指す。

右サイド3番、4番の連携のよい流れる攻撃からゴール前にクロスと惜しい場面を作る。

 

AICJは中盤で23番、24番がボールを持ち、前線の20番へボールを預ける。20番はボールを持つと自らドリブル突破する力があり、文教エリアに入り得点を狙う。

AICJは獲得したCKでチャンスを得るが、文教GKの守備範囲が広く、パンチングで跳ね返される。

文教9番、前線から味方選手を鼓舞しチームの士気を上げる。自らもドリブルで果敢に攻め込み、得点につながりそうな惜しいシーンは、AICJが跳ね返す。

 

得点が動いたのは38分。

左サイド23番が中央へカットインすると、エリアやや左からシュートを打つ。このシュートはクロスバーに跳ね返されるが、こぼれ球に24番が倒れこみながら足で押し込み先制点を奪う。しっかりゴール前に寄せていた24番はいいプレー。

前半、AICJが1点リードで折り返す。

 

後半、AICJはさらに運動量をあげ追加点を狙う。

8番のシュート、23番、24番のエリア内での連携に文教は耐える時間が続く。

カウンター攻撃でロングボールを送る文教だが、AICJ10番のよみのいい守備に攻め込めない。

 

終盤、相手の運動量が落ちたところに文教は走り切る。

8番が攻め込みセットプレーを獲得するなど、一時、文教が押し込む時間があったが相手の堅い守備に得点を奪えず。

このまま試合は終了し、前半の得点が決勝点となったAICJが1-0で勝利する。

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる