高校サッカー選手権 大会3日目模様

高校サッカー選手権 大会3日目模様

2021年9月4日、高校サッカー選手権 広島県大会3日目。

 

広島県内の高等学校で人工芝グラウンドを所有する学校が増えており、予選トーナメントとはいえ、いい環境でサッカーができていることに選手たちは最高のパフォーマンスを発揮することができます。

 

しかし、試合の会場校の多くはクレー(土)グラウンドであることは事実です。

自然のものがゆえ、大雨により水路ができグラウンドはガタガタになったり、土の性質によっては試合中砂埃が舞い上がり、いい環境とは言えない状況にもなりえます。

 

大会当日、クレーグラウンドの会場校に取材に行くと、ホームチームの素晴らしい動きがありました。

 

前日の雨でぬかるんだピッチを調整し、まっすぐにひかれた白線のピッチ、試合の合間にはコートブラシで地面を整地し、消えかかった白線を引き直す光景がありました。

 

試合を行う選手たちが気持ちよく試合に取り組めるように、各チームが工夫を凝らしチームを迎え入れる心構えは素晴らしく思います。

 

このイベント・大会で撮影した写真はショップサイトでご購入頂けます。

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる