第2回ジーニアスカップ2021 発達障がいを持つ子供たちを笑顔に

第2回ジーニアスカップ2021 発達障がいを持つ子供たちを笑顔に

2021年4月3日(土曜日)に広島市東区心身障害者福祉センターにて第2回ジーニアスカップ2021が開催されました。

 

~ジーニアカップとは~

 

ジーニアスカップは、常日頃の運動療育の成果を試す機会を設けるとともに、勝敗だけにこだわらない明るく楽しく参加できる交流試合開催を目的として2019年に第1回を開催し、今回が2回目となる。

 

この大会は、毎年4月2日〜8日の発達障害啓発週間に開催を予定しています。今年は4月2日が世界自閉症啓発デー。

 

このような時期に開催することで、発達障がいに関する認知度がより深まればと考えています。

 

当日は、サンフレッチェ広島からは森崎浩司アンバサダーが来場し、子どもたちのモチベーションを盛り上げ、自然と子供たちも表情がさらに明るくなる。

 

このジーニアスカップでは、勝ち負けより、仲間を助け合い、決まりを守って、最高のフェアプレー精神を発揮しチームワークよく試合を行うことが表彰の基準。

そのようなチームに最高賞のジーニアス杯が贈られます。

 

日本発達支援サッカー協会は、相手や仲間をリスペクトすることを大会の基本精神として、広くさっかぁりょういくを知ってもらい、発達障がいへの理解や認知につなげていきたいと考えている。

 

日本発達支援サッカー協会 HP

 

メディア 掲載①

 

メディア 掲載②

 

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる