沼田 vs 銀河学院 高校総体(決勝T3回戦)④

沼田 vs 銀河学院 高校総体(決勝T3回戦)④

沼田 4 – 2 銀河学院  2022/06/05

 

序盤は沼田がボールを保持し攻める。

中盤2番、7番がボールを持ち前線にいいパスを展開する。

得たCKからと、右クロスから10番がシュートを打つもわずかに枠の外。

 

前半、銀学院は沼田の素早いパス回しに我慢する展開となるが、0-0で折り返す。

 

後半から銀河学院は積極的に前からプレスをかけ、相手のボールをカットしカウンターにつなげる。

7番がボールを持つと、攻めの一手を出せる銀河の起点。

沼田も負けじと7番のシュートなど、両チームが積極的にシュートを打ち出す。

 

スコアが動いたのは17分。

銀河学院は相手ゴールエリア前で細かくパスをつなぐ。

得た右CKからゴール前にパスを送り、一度は相手にクリアされる。

クリアは短く、ゴール正面エリア外で待ち構えた銀河7番は、バウンド気味のボールをうまく右足でとらえ、ゴール一直線のミドルで先制点を奪う。

 

先制された沼田は焦らない。

19分、CKからゴール前で18番、10番と繋ぎ、混戦の中から詰めて1点を返す。

 

沼田は18番がゴールネットを揺らす場面があったものの、前の動きでオフサイド判定をとられ、ノーゴール。

 

刻々と時間は過ぎる。

35分に銀河は先制点と同じようにゴール前で細かいパス回し。沼田の身体を張った守りを見せるが、クリアが短くなると再び7番がゴール正面から狙いすました右足シュート。これがゴール左隅に決まる。

この時間帯でのリードは大きい。

 

後半終了40分に差し掛かろうとした時間に沼田は、エリアやや左外にロングボールが流れ、ここで10番が受ける。

ドリブルを仕掛けるように思えたが、選択はシュート。思い切りよく打ったシュートはゴールに突き刺さる。

沼田、土壇場の同点ゴールに、会場がどよめく。

 

延長前半は0-0で折り返す。

 

延長後半、両チーム疲れが見え、浮いたパスで前線へつなげる。

沼田はCKから相手のクリアボールに、エリア外で7番がそのまま右足を振り抜き、逆転ゴールを叩き込む。

さらに、カウンターから10番が裏へ抜け前線にパス。最後は14番が詰め追加点。

 

延長戦の末、4-2で沼田が勝利する。

沼田はここまでの試合、リードされる劣勢から勝ち上がり、この試合も大きな自信となり準決勝へ駒を進める。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる