広島皆実 vs 作陽  (PL中国 第6節)

広島皆実 vs 作陽  (PL中国 第6節)

広島皆実 0-3 作陽  

 

前半、皆実は7番を起点に攻撃を組み立てる。対する作陽はバックラインからビルドアップを行いながら徐々に攻撃を仕掛ける。

 

前半30分、皆実が、チャンスを作る。7番のCKから、11番がピンポイントで合わせが、惜しくもバーに嫌われてしまう。

続いて前半40分、作陽にもチャンスが訪れる。4番→8番→14番に綺麗なパスが通り、キーパーとの一対一を迎える。惜しくも、ポストに嫌われてしまい、0-0で前半終了。


後半になると、皆実はプレスをしかけるも、作陽がボールを持つ形で試合が進んでいく。

そんな中、後半73分。10番が左サイドで仕掛け、相手のディフェンスラインに隙間を作り、7番にパス。7番は、中央にいる6番にラストパスを送り、そのパスを流し込みネットを揺らし、作陽先制。


そして、2分後、後半75分。

皆実のパスミスを作陽10番が奪い、すかさず6番へパス、6番は落ち着いて、9番にラストパスを送り、流し込む。作陽にとって大きすぎる2点目。そして、皆実にとって痛い2点ビハインド。


時間がない皆実は、交代枠を4枚使い、ゴールへと向かう。なかなかゴールを奪えず、時間は経ち、ロスタイム5分。
95分に、作陽23番が皆実4番との一対一に勝ち、ゴール右隅にシュート。このシュートが突き刺さり、試合終了。
作陽の3-0で試合を終えた。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる