広島城北 vs 修道 広島市中学校選手権(広島市大会)決勝戦②

広島城北 vs 修道 広島市中学校選手権(広島市大会)決勝戦②

会場:城南中学校 2021.06.20

 

試合開始から修道は巧みにボールを繋ぎ修道ゴールを目指す。

両ワイド14番、8番はクロス精度、ドリブルのキレがよく攻撃の起点となる。

14番はゴール前でポスト直撃の右足シュート。

攻める修道は、右からのクロスボールに対し8番が走り込みながら左足であわし先制点を奪う。

 

勢いにのる、修道は10番、11番も攻撃に絡む機会が増え、好機をさらに増やす。攻撃をシュートで完結させる意識が強く、相手にチャンスを与えない。

守る時間帯が続く城北は、GKの動きがよい。ファインセーブに、相手のロングボールをエリア外まで出て対応をしっかりする。

 

20分、修道は左サイド8番がサイドを突破し、ゴール前マイナス気味のパスを選択。10番がエリア内で受け、左足で流し込み追加点。

前半、修道2点リードで後半へ。

 

後半になっても修道の勢いは止まらない。中盤でボールを奪うとゴール前までしっかりとつなぎシュートを打つ。

すると、エリア中央で10番が受けると、相手から一瞬逃げるところにボールを運び、素早く右足をふりぬきゴールを決める。修道10番の個人技が輝く。

 

リードされる城北だが最後まであきらめない。GKを中心にバックラインは集中した守りから前線にパスを送る。8番がカウンターにつなげゴールを目指す。

気持ちのこもったプレーを見せた城北だったが、修道の堅い守りに得点とはならず。

 

結果3-0で修道が勝利する。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる