崇徳 vs 広工大高 高校総体(男子)準決勝②

崇徳 vs 広工大高 高校総体(男子)準決勝②

会場:ミツトヨスポーツパーク 2021.06.06

 

試合開始2分、いきなりスコアが動く。

崇徳は前線からプレスをかけ、相手のもたつく間に浮き球をエリア内に入れる。これをフリーで25番が抜け出し、胸でコントロールし右足で流し込み、幸先良い先制点を決める。

勢いに乗る崇徳は、25番、11番の運動量で相手のパスコースを限定し自由を与えない。

 

広工大高はロングパスを前線に蹴りこむことが多いが、これを9番が体をはってうけ、自らドリブルで侵入しセットプレーなどのチャンスを得る。ロングスロワーがいるため、崇徳はなるべく自陣より遠くにクリアしたい。

28分、カウンターで攻める広工大はセットプレーから味方選手がエリア内でファールを受けPKを獲得。同点のチャンスでシュートをゴール隅に蹴りこむが、相手GKのビッグセーブに同点とならず。

このまま前半は終了し、崇徳1点リードで後半へ。

 

後半になると、広工大は相手陣内に攻め込む場面が増え、かつセットプレーと、ロングスローから再三チャンスを作る。10番、9番はコンビの良いパス交換でゴールを狙う。

守る崇徳に対し、広工大はゴール前に人数をかけ猛攻を見せる。

30分、ゴール前に上がったクロスに広工大は人数をかけ押し込みにかかる。こぼれ球が11番の足元に転がり、狙いすましたシュートはゴール右上に決まり、同点とし試合は振り出しに。

 

この時間帯での同点ゴール、試合の行方が分からなくなった矢先、広工大のゴール直後に崇徳がしかける。

失点後のキックオフからゴール前に繋ぎCKを獲得。31分、このCKからゴール前の混戦を7番が押し込み再びリード。

 

終了時刻が迫り、攻めるしかない広工大はゴール前にロングボールを入れパワープレーをするが、崇徳ディフェンス決死の守りをし追加点を与えない。

このまま試合は終了し2-1で崇徳が勝利する。

 

このイベント・大会で撮影した写真はショップサイトでご購入頂けます。

同じイベントの試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテックツネイシ・スポーツアクト医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートみろくの里スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる