崇徳 vs 広島国際学院 高校総体(決勝T3回戦)④

崇徳 vs 広島国際学院 高校総体(決勝T3回戦)④

崇徳 1 – 2 広島国際学院  2022/06/05

 

先制点を奪ったのは崇徳。

中盤で10番がボールを持ち、右サイドに大きく展開。

右サイドのクロスに中央の選手がおとりとなり、空いたファーサイドのスペースに8番がダイレクトで合わせ先制点。

 

先制を許した国際だったが、焦ることなく中盤でボールをしっかり繋ぐ。

10番を中心に、前線27番、28番のいい動き出しからチャンスが増える。

 

すると10分。

右サイドから大きく左サイドに展開。27番が受ける。

ドリブルでしかけ中央に低いクロスを送ると、28番が詰め同点ゴールを決める。

 

さらに前半の内に追加点を決め、国際は2-1で前半を折り返す。

 

後半は両チームチャンスはあったもののスコアは動かず。

結果、2-1で国際学院が勝利する。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる