崇徳 vs 修道 高校総体(男子)3回戦①

崇徳 vs 修道 高校総体(男子)3回戦①

会場:ツネイシフィールド 2021.06.05

 

試合開始から崇徳は11番、9番が前線で攻撃を組み立てる。

前線の2人で相手にうまくプレスをかけミスを誘い、ボールを奪うと2人で攻撃を完結させる破壊力あり。

 

攻め込まれる修道は16番が相手のロングボールをはじき、セカンドボールをきっかけにカウンターをしかける。

カウンターをきっかけに得たセットプレーで、再三チャンス機会を得た修道はここで得点を奪いたい。

しかし、9番のするどい直接FKのシュートも、相手GKの好セーブに阻まれる。

前半0-0で折り返す。

 

後半、最初にチャンスを得たのは崇徳。

6分に、カウンター気味の攻撃で攻め込み、ゴール前の細かいパスから、最後は11番が決め待望の先制点を奪う。

 

崇徳は勢いに乗り、追加点を狙いに行く。

粘る修道は大きくクリアし、相手の背後を狙う。すると、ロングボールを一度は相手にクリアされるが、エリアやや外でセカンドボールを13番がカット。そのまま左足を振り抜き、同点ゴールを叩き込む。

 

再び振り出しに戻り、両チームとも交代枠を使っていき、攻撃に厚みをかける。

すると、崇徳は右サイドの遠目からのクロスをゴール前で11番がうまく足元におさめる。それを落ち着いて流し込み追加点と再びリードする。

 

終了時間が迫る中、修道は交代で入った14番がいい働きをする。前線で相手に当たり負けずボールをキープし、攻撃の起点となる。それに13番、9番がフォローし、相手ゴールに迫る。

崇徳も攻撃の手を緩めず追加点を狙いに行く。

しかし、その後はスコアは動かず終了し2-1で崇徳が勝利する。

 

最後まで、ゴールを目指した両チームの試合は見ごたえあるものだった。

 

 

このイベント・大会で撮影した写真はショップサイトでご購入頂けます。

同じイベントの試合速報を見る

スポンサー企業

株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテックツネイシ・スポーツアクト医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートみろくの里スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる