作陽 vs 瀬戸内 (PL中国 第9節)

作陽 vs 瀬戸内 (PL中国 第9節)

キックオフは、作陽高校。
前半から、両者とも、ビルドアップをしていき、かなりのパスがつながる。

最初に決定機を迎えたのは、作陽高校。

7番が鋭いドリブルから切れ込んでいき、1人、2人かわしていき、キーパーと一対一の局面を迎えるが、惜しくもキーパー正面。

 

序盤は、作陽がボールを支配して、素早い攻撃を演じる。

前半終了間際、瀬戸内も決定機を迎える。10番がペナルティーエリア外からシュートを打つと、惜しくもバー直撃。両者ともノーゴールで前半を終える。


後半開始。

後半頭から、作陽は選手を変え、ゴールに迫る。後半は、暑さの疲れもあってか、両者とも前からプレスがかからず、核心を掴めない時間を過ごす。

 

両者ともメンバー交代を盛んにし、攻撃の活性化を図っていき、迎えた後半76分。ゲームが動く。作陽の16番のアーリークロスから23番がダイレクトボレーシュート。強烈な右足シュートが突き刺さり、1-0。作陽先制。

 

その後虎の子の一発を守り切り、ゲーム終了。


1ー0作陽勝利。

 

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる