作陽 vs 岡山学芸館 (PL中国 第3節)

作陽 vs 岡山学芸館 (PL中国 第3節)

作陽 1-1 岡山学芸館

 

前半から、両者激しい攻防戦となった。最初に見せ場を作ったのは作陽。6.8.10番を起点とした攻撃で、学芸館のゴールを脅かす。一方、学芸館は、8番の強烈なドリブルからチャンスを作っている。


前半35分。作陽の10番が左足でシュートを放つと、惜しくもバーに直撃。
そして、直後43分。学芸館のカウンターから11番がヘディングでシュート。0-1で前半を終えた。


後半に入ると、作陽の14番が途中出場し、ゲームの流れを大きく変える。72分に、14番のサイド突破から8番、10番、と繋いで行き、12番がシュート。シュートがゴールへと吸い込まれ、1-1。


そのまま、作陽ペースの時間が続くが、なかなかゴールまで結びつくことができない。そして、そのまま試合終了。
1-1のドロー決着となった。

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会スガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる