ファジアーノ岡山U-18 vs 米子北 (PL中国 第8節)

ファジアーノ岡山U-18 vs 米子北 (PL中国 第8節)

米子北高校からキックオフでゲーム開始。

まず初めにチャンスを作ったのは、ファジアーノ岡山だった。

 

ファジアーノは、19番がボールをキープし9番へパス。9番はドリブルを仕掛け、19番へパスを出すとシュート。惜しくもキーパー正面だった。


前半は、両チーム空中での競り合いが多く、両者決定機を迎えず前半終了。
後半、すぐにゲームが動く。52分米子北7番からの浮き球パスから4番が浮き球パス返しで、折り返すと12番がヘディングシュート。米子北がゴールを揺らす。ところが、60分ファジアーノの右コーナーキックから19番がヘディングシュート。これで1-1。


そして、迎えた80分米子北の、18番がシュートを決め、2-1。後半残り僅かとなり、ファジアーノは前がかりとなり、ゴールを目指すが、84分米子北がダメ押しの3点目を決め、3-1とし、ゲーム終了。
3-1米子北の勝ち。

 

 

同じ大会の試合速報を見る

スポンサー企業

SanDEN上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージ雑草庵・なみき庵ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる