【高陽高校 サッカー部】チーム取材

【高陽高校 サッカー部】チーム取材

高陽高校は取材者(選手権88回大会に出場)の母校であり、当時は100名弱の部員がいたが、現在はその半分強となる。

 

学校が生徒募集の人数を少なくしたことから、生徒数は減少している。

 

しばらくは、選手権ベスト16の壁を超えれれず悔しい想いをしていた高陽だが、今年度は選手権ベスト16まで勝ち上がった。

 

少数精鋭で活動する高陽だが、グラウンド条件を考慮し練習時間に他チームとは違う取り組みをする。

 

学校グラウンドには予備照明などの照明はあるものの、7時限目後(17時頃〜)から練習を行うと日の入りが早く(特に冬場)ボールが見づらく満足な練習ができない。

 

なので、夕方練習、朝練習を組み合わせた方法で、選手たちが満足いく練習環境とする。

 

チーム内では上下関係を強くださないため、二人組のペアは異なる学年の選手と組む、選手同士でチームを編成したリーグ戦を行うなどし、チーム内の団結をつくりあげる。

 

現在のキャプテンも2年生が務め、チームの雰囲気はよい。

 

各練習の合間には個々の選手が連携の話をするなどし、休憩合間の時間さえ一切無題にしない。

 

予選リーグは苦しい戦いを勝ち抜き、今年の高陽は気になるチームの1つ。

 

数年ぶりに勝ち上がった選手権の舞台で、思い切りの良いサッカーで高陽らしいサッカーを見せてほしい。

スポンサー企業

上高下&鷹匠リーガルジャパン株式会社セイカスポーツセンターキッズNPO福山大学友鉄工業株式会社中川産科婦人科株式会社十和電機株式会社フォーブル株式会社ヒロテック医療法人好縁会株式会社やまだ屋医療法人社団飛翔会大塚西リゾートスガノグリーンビュー(公財)広島県サッカー協会ひろスポ!フレンドリーランゲージスポーツを愛する飲食店ドリームサポートプロジェクト(DSP)ROSAS FUTSAL CLUB株式会社ユアーズ株式会社ダイキエンジニアリングWebLeague株式会社京良産業株式会社ドリームオンライン
スポンサー一覧をみる